FRESHスタッフブログ

JUSTACE【Gaptools】


FKDです。

先日は JUSTACE【Gaptools】シリーズを持って東条湖へ実釣。

持ちこんだロッドは・・・

BOA65 TAKE_C tune」「SHOOT」「SPLASH」

・・・この3本


IMG_3508

関東の激タフフィールドのトーナメントで年間4勝という脅威的な成績を収めた「横井丈史」氏の監修の下、製作された「BOA65 TAKE-C tune」
手返し良く軽快に! 1日キャストし続けても疲れないオリジナルグリップセッティング。ガイドはあえて「ダブルフットSiC」を使用し、ガイドの重みでキャスト時のロッドの「しなり」を増幅。
そのおかげで小さな力で反発力が得られ小型軽量ルアーも簡単に正確にキャストが可能に。
グラスロッドながらビックバスに負けないバットパワーを持っている。

IMG_3481

この日の東条湖は雨の影響で濁りぎみだったのでクランクベイトを巻くにはちょうど良い感じ。

狙い通り良いサイズのバスがカバーからすっ飛んできてHIT!

BOA65 TAKE_C tune」はラッキークラフトUSA『LC 1.5』サイズがちょうど使い易いですね!
キャストもバシバシ決まるし、掛けてからはバットパワーがあるのでグイグイ魚を寄せてくれますね!

クランクベイトを巻くなら、絶対【BOA65 TAKE_C tune】がベスト!

IMG_3507

スモールクランクのように軽いウエイトを正確無比にキャストするにはロッド全体に適度な柔らかさと反発力が必要。
しかし、ビッグフィッシュとのファイトにはバットパワーも必要となる。
そこでスモールクランクの代名詞「MTO」の考案者「鈴木 美津男」氏がプロデュースしたスモールクランク専用モデル。
ジャストエースの"マスキュラーサイクロンテクノロジー"駆使し、全てを網羅したこの「シュート」は、ボトムの釣りでもストラクチャーを感じ、シャッドの釣りのように仕掛けて獲るという、より攻撃的なスモールクランキングメソッドを可能にした。
IMG_3504

クリアウォーターのリザーバーでは「小型プラグ」の出番が多い。今回訪れた東条湖でももちろん。

IMG_3497

「SHOOT」はラッキークラフト『クラッチDR』を使うのにちょうど良い。
ソフトティップでキャストもしやすい。

IMG_3486

クラッチDR等の小型クランクベイトだけでなくラッキークラフト『フラッシュミノー80』などの【ジャークベイト】を使うにも良い感じ。

IMG_3487

柔らかいティップでトゥイッチアクションもやり易いし、弾かずしっかり掛かる。

IMG_3501

最強TOPウォータールアー「トネスプラッシュ」でBIG FISHをもっと!ショートバイトも逃がさない!
そんな「鈴木 美津男」の無謀なリクエストに答えたトップウォータースペシャルロッド「SPLASH」。
ジャストエースのMCT(マスキュラーサイクロンテクノロジー)により、トップウォータールアーで必要な「しなやかさ」「反発力」「パワー」を実現。
ロッドの反発力で鋭くルアーを低弾道でピンスポットへ送り込むことのできるキャスタビリティー。名前の由来となったスプラッシュを絶妙且つ繊細に操る事のできるしなやかなティップは、キスバイトも逃がさない。そして、見た目では想像もつかない強靭なバットはビッグフィッシュをも手玉にとり、そのポテンシャルの高さに驚きは隠せません。
トップを征服することを目指し、創られたスペシャルロッドです!
IMG_3500

今回の東条湖では残念ながら「トネスプラッシュ」でのHITは無かったのですが、この【SPLASH】は他のルアーも十分に使えます。
私FKDは「3/8oz(約10g)までのスピナーベイト」や「バズベイト」なんかにもよく使用します。
今回もスピナーベイトで小バスながらたくさんキャッチできました。

・・・
以上、これらの3機種はとりあえずこれからの【秋のマキモノシーズン】に絶対おススメです!

通常【受注製造販売】のGaptoolsですが、今なら『メーカー在庫少量あり』でございます。

「巻物ロッド」を買い替えよう・追加しようとお考えのアナタ!
JUSTACE【Gaptools】も選択肢のひとつに是非加えてくださいね♬