SALTスタッフブログ

ハゼクラピー「ハゼクラフックの交換方法」

P1017548

こんにちは。ナカムラです。

今回は新製品の「ハゼクラフック」の交換の仕方やお勧めアイテムをご紹介します。

フックを交換する理由

P1017499

まず「なんでフックを交換するの?」を言う疑問があると思います。

それは、ルアーを使っていると岩に当たって針先が鈍ったり、魚が掛かった際に針先が丸くなったりと使ってるうちにフックは消耗するからです。海水のエリアだと錆てしまったりします

これを気づかずにそのまま使っていると「魚が喰ったのに掛からない」「掛かってもバレてしまう」なんて事が起こります。

そうならない様に定期的に針先やフックの状態を確認して駄目なら交換しましょうって事ですね。

せっかく魚が掛かったんなら釣りたいですからね。釣りをするなら魚から一番近いフックやラインに気を配りましょうね。


用意するもの

P1017551

・交換するルアー

ハゼクラフック

・スプリットリングプライヤー


もしスプリットリングが錆びてしまってるなら、スプリットリングも新品に交換しましょう。

純正は#1ですが、#0に交換するのがお勧めです。

スプリットリングオープナー

P1017560

スプリットリングからフックを外す際にあった方が絶対便利なのがこちらのリングを開くためのツール。

多くは方はプライヤーの先にこの形が付いた物をお持ちの方が多いと思いますが、それだとちょっと大きいので小さなルアーやフックの交換には向かなかったりします。

そんな時にお勧めなのがピンセット型の「スプリットリングピンセット」とか「スプリットリングピンチ ミニ」と呼ばれるツール。

最小サイズの#00サイズでも使える便利なアイテムです。

元のフックを外す

P1017463

スプリットリングを挟んでフックを外していきます。

くるくるくると慣れれば簡単に外せます。

ハゼクラフックの取り付け

P1017469

前後のフックを外したら逆の要領でハゼクラフックを取り付けます。

この際には向きに要注意です。

この辺りは後程動画でご紹介の予定です。

フックの向き(推奨)

P1017515

純正と同じこの向きが推奨ですが、フロントフックは逆向きでも構いません。

マイクロにも対応

P1017532

ちなみにマイクロクラピーはこんな感じになります。

レッドラムターゲットレッドに赤針はかなり高反応なんですよね♪

P1017539

ハゼクラの交換フックに迷ったら「ハゼクラフック」を一度使ってみて下さい。

一度体感すると最初から付け替えたくなると思います(笑)

それ位の差がフックで体感できるパワーが詰まったアイテムなので、本当にお勧めです。




ナカムラ

ソルトルアー情報を更新中のFimoはこちら  
お店の紹介や日々のネタを配信するTwitterはこちら←気軽にフォローして下さいね
カスタムロッドやパーツをご紹介するinstagram←気軽にフォローして下さいね