SALTスタッフブログ

ライトゲームにベイトフィネス?!

皆さんこんにちは!
九州男児のレンです!

冷え込みも厳しくなってきて、いよいよクリスマスの雰囲気が出てきましたね!
クリスマス?!
もちろん予定なんかないので釣りです(笑)
他のアングラーさんが少なくなるという考え方です・・・
決して寂しいわけじゃありません(笑)

そんなことはさておき!
今期よりコチラ↓↓に挑戦です!!!

IMG_5679
そうです!
ベイトタックルです。

近年リールというものは大幅に成長して、軽いルアーがいとも簡単にキャストできるように・・・
バスでは、私もベイトフィネスというものをかじっておりまして。
その感動たるや・・・

でもメバルプラッキングにおいて必要だとは、思っていませんでした。
なので挑戦することもせず、当たり前のようにすべてをスピニングでこなしてきました。
でも必ずベイトタックルに負けるものがあります。
それは、「キャストアキュラシー(キャストの制度)」と「リーリングの安定」。
アキュラシーに関しては慣れというものがありますが、スピニングを使い続けている僕も、いまだにベイトには敵わないと実感しております。

テトラ帯におけるメバルプラッキングでは「アキュラシー」「リーリング」というものがとても重要になってきます。
テトラなどのストラクチャーの複合体では、狙うべき場所がきっちりと決まっております。(その日によって変化します。)
そこにしっかりとコンタクトさせ、最適なスピードでプラグを投入し、なおかつピンで明確なアクションをさせなければならない。
天候状況も大きく左右しますが、スピニングにおけるガイド間のラインスラッグが風にあおられた時の不快感。
細かいコントロールが不可能なのです。(僕の場合は・・・)
それをサミングにて容易に!かつ繊細にこなすことのできるべイト。
この不満を解消してくれるのは今のところ、この選択しかないという判断からベイトを使うことに踏み切りました。

まだ模索段階なので、ロッドの向き不向きは分からないのでこちらのロッド↓↓をベースに勉強していきたいと考えております。

IMG_5678
「gaptools GT-FF63LMLB 《Finesse Flip Muscular Limited》」!

まずはベイトフィネスの基本となるバスロッドを流用。
この「フィネスフリップ マスキュラーリミテッド」はチューブラ。
プラッキングには最適なテーパーと硬さがあると現時点では判断。
あとは現場での感覚でいろいろと改良をしていきたいと考えております。

まだまだ確立されていない領域なので、何とかものにしていきたいですね。


さて、泉南へ走りますかね・・・!!!


九州男児☆レン