CUSTOMスタッフブログ

スケルトンリールシートでグリップ製作


こんにちは。ナカムラです。

先日工房で組んでたサンプルロッドが結構太めのブランクでした。

でも、リールシートはスケルトン(SKTS16)を使いたいとの事で悩んだ結果こんなグリップになりました。

P4270026

左のカーボンパイプが入ったデザイン。

右のFUNK STARと比べると太さがぜんぜん違いますね。

本来ならSKPA-16のパイプを使うのを勧めておりますが、カーボンでも悪くは無いですね。

P4270015

やり方は簡単で、間に入れるカーボンパイプ外径15mmを34mmにカットするだけ。

マスキングをして、

P4270017

リューターや糸鋸で綺麗にカットします。

P4280038

そうするとこんな感じに仕上がります。

フードにALH16-KN15GMを使う事で引き締まって見えますね。

P4280036

軽量化の為にセパレートの真ん中をあえて付けずに、リアだけでまとめてみました。

使うカラーも最小限に抑えて、シンプルかつオリジナリティーのあるデザインになりました。

段差が持ち難そうに見えるリールシートですが、意外と持ってみるとそんな事も無くて使い易いです。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ナカムラ