CUSTOMスタッフブログ

エンドキャップ選び&作例


グリップパーツの中で目立つ存在のエンドキャップですが、種類豊富で迷いますよね。

スタンダードなものを使うと普通だし、奇抜にするとまとめるのが難しい。

またグリップの持ち方やロッドのバランスによっても選び方を変えるとストレスも無くなります。


P1016265

EVAのグリップでまとめてみました。

全部種類が違うのでかなり印象の違いが良く分かると思います。

今回は各パーツの特徴と作例をご紹介します。


アルミエンドキャップ

P1019975

一番ベーシックなエンドキャップ。

ワインディングチェックと同じ5色展開。

アルミ素材で軽く、カラーも綺麗でワインディングチェック等のカラーと合わせやすいです。

P1290056

おすすめポイントは、違うカラーのフロントリールシートリング(FRRA-16)を1枚入れるとちょっと違って見えます。

同色を使うと厚みが出ますね。

迷ったらアルミエンドキャップを選ぶと間違いないです。

P1010054

こちらはオールメッキのアルミエンドキャップ。

GとSの2色展開です。

とても美しく綺麗な作りなので、見た目的にも映えます。

ただ傷がつきやすく、立て掛けた際に滑るので注意して下さい。

ラバーコルクエンドキャップ

P1010057

中心部に強化木を使用したラバーエンドキャップ。

滑りにくく、傷も付きにくいので使いやすいです。

コルクに合わせるのも良いですが

P1290050

EVAにダークカラーを合わせるとカッコ良いです。

これにもフロントリールシートリングを入れると高級感が出ます。

ウッドエンドキャップ

P1010061

強化木の削り出しウッドエンドキャップ。

ブラウン系とブラック系の2色とリング付タイプの6種類。

独特の風合いが出てオールドな感じが堪りません。

トラウト系に人気ですが、ソルトでも使ってる方もおられます。

こちらも傷がつきやすく、立て掛けた際に滑るので注意して下さい。

EVA・コルクエンドキャップ

P1019959

グリップと同じEVAとコルクの素材を使ったエンドキャップ。

使い方次第でシンプルにも派手にもすることが出来ます。

どちらも削る事が容易なので、外径や内径を自分で加工して使えます。

リーズナブルな価格と軽さが魅力です。

P1290067

同じ素材でリールシートリングを入れてやると純正な感じの仕上がりになります。

ラウンドエンドキャップ

P1010038

こちらはグリップが太めのロッド向けの外径37㎜(最大)のラウンド形状のエンドキャップ。

EVA・コルク&EVA・アルミと3種類の素材で展開。

アルミに関してはカラーが5色。

バスのフロッグやビッグベイト用のロッド、ソルトのショアジグ用などに使われることが多いと思います。

P1016242

ショアワインダー等でも純正で使ってるのでお馴染みですね。

最後が膨らんでる分フルキャストした時にしっかり握れるので安心できます。

アルミタイプは重量があるのでバランサー代わりにもなります。

逆に軽いロッドだとバランス悪くなるので、エンド装着の際は仮止めしてリールを付けてバランスを見て下さいね。

P1013964

こちらは外径30㎜の少しライトなラウンドエンド。

バスロッドなど27㎜のグリップに合わせやすいので比較的色んなロッドに合います。

集積ラバーのタイプは少し重さがあるので、バランサーとしても使えます。

P1013961

こんな感じにフロントリールシートリングを合わせるとシンプルに純正感を出せます。

素材的に加工もできますので、外径を削って細くする事も出来ますね。

P1015875

P1015912

P1015889


使い方によって色んな演出の出来るエンドグリップ。

形状・カラー・素材によって選び方も様々なので参考にしてみて下さい。

ナカムラ

ソルトルアー情報を更新中のFimoはこちら  
お店の紹介や日々のネタを配信するTwitterはこちら