CUSTOMスタッフブログ

ショアワインダーのメンテナンス


Justaceのロッドで一番人気のショアワインダーシリーズ

この時期は使わない方も多いと思いますので、メンテナンスのやり方をご紹介します。

P1016188

今期一番出番の多かった「ショアワインダー812KM TZ」を実際に綺麗にしていきましょう。

用意する物

P1016249

右から

コルクパテ「CS-01
うすめ液「JUS-100
ライター
布ヤスリ#400前後

あと写真に有りませんが

マスキングテープ
ウェットティッシュ
キッチンペーパーorティッシュペーパー

EVAグリップの補修

P1016171

まずは状態を確認します。

塩水の付着や置いた時に出来た小さな傷が目立ちます。

普段はウェットティッシュで拭くだけでOKですが今回はオフシーズンなのでしっかりと綺麗にします。

P1016199

とりあえず汚れをウェットティッシュで拭いて表面の汚れを落とします。

P1016217

リールシートやブランクに傷が付かないように予めマスキングテープを巻いておきます

「大丈夫だろう」と思ってやると後でショックな状態になる事もあるので、下準備はしっかりとしましょうね。

P1016211

布ヤスリで磨いていきます

表面のテカリを消すくらいならそんなに力を入れずに縦のラインを一周していきます。

穴が気になるようであれば磨きこんで下さい。(磨きすぎると当然削れてしまい細くなるので自己責任でお願いします)

磨き終わったらウェットティッシュで表面のカスを取り除きます。

P1016213

EVAの表面をライターで軽く炙ります

近すぎるとEVAが焼けてしまうので、5cm以上離して回しながら均等に炙ります

EVAは暖める事で表面が膨張するので新品の様な感じに戻ります。

P1016244

最初とは比べ物にならない位綺麗になりましたね。

次はリアのコルクグリップを補修します。

コルクグリップの補修

P1016196

まずはコルクグリップの汚れをうすめ液で拭いて取り除きます

ティッシュに軽くうすめ液を含ませて、黒くなってる所を重点的に擦ります。

P1016200

これだけで綺麗になりますが、釣行後水で流した際にどうしても元々埋めてたパテが取れてしまうので補修を行いましょう。

P1016202

コルクパテはペースト状で見た目はパンに付けるアレみたい。

もし購入時に硬くなってましたら少量の水で柔らかくして下さい。

P1016220

水溶性なので指で塗って行くのが綺麗に仕上げるコツ。(水で洗えば簡単に取れます)

P1016221

穴の付近を重点的に塗りこんでいきます。

P1016231

エンドグリップとの間にあるリングが汚れない様にマスキングを忘れずにして下さいね

エンドグリップが結構穴だらけだったので多めに塗ってみました。

塗り終わったらしばらく乾燥させて下さい。(ドライヤーを使って貰っても大丈夫です)

P1016232

パテが乾燥したら、軽くヤスリを当てていきます。

パテを馴染ませながら表面の要らない所を落として行くイメージです。

P1016236

最後はウェットティッシュで拭いて貰うと作業完了。

P1016243

新品同様の仕上がりになります。

P1016242

何度か使用して馴染んでくるとパテの色も変化しますので気にならなくなると思います。

ブランク・ガイドの汚れ落とし

P1016253

ウェットティッシュでブランクとガイドを一気に綺麗にしていきます

ブランクを拭く際は傷が無いかチェックして下さい。

P1016250

ガイドのリングの中とフレームの傷もチェックしながら拭いていきま
す。

万が一ガイドリングの欠けやフレームに大きな傷があればラインを痛める可能性があります


P1016182

小さなガイドの場合見にくいので、カッターナイフの背中をリングに当てて一周させると傷のチェックがしやすいのでお勧めです。

IMG_2736

保管の際はしっかりと乾燥させてから袋に入れておいて下さい。

くれぐれも高温になる車内に置きっ放しにはしない様に要注意です


作業自体はとても簡単ですので誰でも短時間で出来ます。

きっちりとしたメンテナンスを知る事でもっと愛着を持って使って頂けると思いますので、ぜひオフシーズンに1度は綺麗にしましょう。

この作業はいずれ動画でご紹介したいと思います。

ナカムラ

ソルトルアー情報を更新中のFimoはこちら  
お店の紹介や日々のネタを配信するTwitterはこちら